読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬草日記

永沼敦子の薬草ブログです

雨水です、耕転作業をやりました 1

18日は雨水
草木が芽生え始める頃で、畑の準備をはじめる目安とされてきました。とりあえず昔の人にならうため二十四節気に従ってみようと、ちょっと早いけど耕転作業をやるために前回からあまり間があかずに九州にある実家の畑へ向かいました。

(最近はLCC=格安航空がたくさん飛んでいるので気軽に動ける
しかし、成田発の某航空会社は安いだけあっていろいろなので積極的には使わないだろう)

 

 

1月に簡単に石を拾ってはいたけれど、目視で石が確認できるのでもう一度丁寧にやることにしました。
まずは、表面の石をとるため幅の狭い小さい熊手というかレーキのようなもので目立つ石を拾う。(今日の道具)

f:id:yakusounikki:20170221205746j:plain


前回だいぶ取り除いたつもりだったけどやればやるほど出てきて切りがない。バケツ2杯分収穫。

f:id:yakusounikki:20170221205846j:plain


おそらく台風など強風で折れた木の枝、
缶のプルタブ、たばこの吸い殻、飴の袋。畑のすぐそばにバス停があるため、待ち時間でゴミを捨てるのだろうか。
薬草が育ったらポイ捨てやめてくれるかな。


こうなったら何かおもしろいものが出てこないかと必死に深く掘ってみましたが、
途中で嫌気がさしてしまい、あきらめモードになり次の作業へ。

 

すぐに腐葉土などのすき込み(この言葉最近知った!)をやりたいところだったけど、
何十年も使われていなかった土壌、しかもここは火山灰の影響があるため深い天地返しが必要かもと素人判断ですがやってみることにしました。


家にある耕運機で(これがあるのはありがたい!)やるつもりだったのですが、父が今日魚釣りに行ってくる♪と。
そのうえ変えたばかりでまだ自分も操作に慣れていない、ということで自力でやってみました。

f:id:yakusounikki:20170221210050j:plain


まずはクワでで上の土をよける。そしてシャベルでざくっと深くいき、上の土とは反対方向へ持っていく。
だいたい30から40センチほど掘る。そして上の土を先に戻して下の土を上にかぶせる。このやり方であってますか??なんだか微妙にちがうような?不安を抱えながら進めました。

f:id:yakusounikki:20170221210216j:plain


しかしこの作業、シャベルを持ち上げると腰に痛くなるし、重いし悲しくなる。そこで持ち上げるのではなく、いや持ち上げるのだけど そこでくるっと回転さて転がすのです。なんとも説明しづらいですが・・・。そしてシャベルは力任せに土に差し込まないで、シャベルに足をのせて体重をかける。これでなんとかしのぎました。というかもしかしたら常識なのかもしれませんが・・・。

f:id:yakusounikki:20170221210118j:plain


もともと 畑として使われたいなかったうえ、道路拡張工事で強く押された土壌だったらしい。というのは以前書きましたが、
思ったよりも土が硬かったためシャベルがなかなか沈まない。大きな石!!かと思いきや土なのです。しかも下の方にいけばいくほど水分を含んでいるため、かったーいい!おもーい!こんなもんだろか?
砂が多いと思っていたため簡単に終らず時間がかかってしまった。でも最初よりちょっと柔らかくなったので満足。

 

f:id:yakusounikki:20170221210237j:plain

   

結局、
まだまだ土のかたまりが目立つため、苗植えをする前に耕運機で耕してもらうように父に頼んだ。

明日は買ってきた大量の腐葉土苦土石灰のすき込みの予定。えと、、どうやるんだ??分量??

 

草木で楽しむ

私の頭のなかは日々「薬草」という文字だらけです。

 

ある日、薬という文字を頭の中で解体したところ、くさかんむりに「楽しむ」「らく」

になることに気付きひとり大きく納得しました。というか、こんなこと多くの人が気づいている事だろうけど。

語源を調べたら古い言葉の「奇(く)すし」(並より上だったり優れたり、神秘的だったりという意味)からはじまり、「草(木も含む)で楽になる、調子がよくなる」で薬という漢字にあてはめたということ。言葉のはじまりっておもしろいね。

 

生薬なんて何百種類とあり、植物以外にも動物や鉱石まである。薬になるかどうかわかるまで、どれだけの年数と痛い思いをしてきた人々がいるのか・・・気が遠くなります。今私が、道端にある草を・さらにはその根っこを試してみろ!なんて言われてもなんとなく躊躇する。

 

あとハーブ。これは薬草なのか?という疑問。

香り高く、気分が落ち着く。あ、あと、なんてったってオシャレなイメージ。

ヨーロッパでの代替医療ではハーブが使われていて、特にドイツはフィトテラピー:植物療法=薬草療法 なるものがあるらしく興味深い。ハーブは自分の生活に積極的に取り入れていないので、無学なところがありこれからです。

 

薬草はマイナーな分野なのか、情報が少ないため通信講座(唯一やっていた)を始めたけどまだまだ 薬草ってなに という謎というかミステリアスが私の心をつかんでいる。もっと言えば、草木に心をつかまれて日々楽しませてもらっている。

 

 おなじみ南天のど飴のナンテン

f:id:yakusounikki:20170216103100j:plain

 

薬草を育ててみようと思います

こんにちは 永沼敦子です。

「薬草」と銘打ってブログを始めます。興味ない方には退屈な内容で、ほぼ自分の薬草メモ的なために綴っていきます。

 

私は写真を撮って、作品として発表しています。

ここ数年は主に植物ばかり撮っていて、最近は薬草に興味が深くなってきました。

「なぜ薬草なのか?」

いつもよく聞かれます。ちゃんと答えた事はなくていつも適当な言葉を並べてしまいます。本当のことを答える恥ずかしさもある。「あんな非現実的なことを言っている」と思われる恥ずかしさ。

ブログ開設記念に思い切ってここに残しておきます。

 

「魔女へのあこがれ」

 

で、

薬草を撮るだけでは理解が深まらない!私は自分で育ててみたくなりました。

だけど住んでいるところは京王線沿いの庭なしベランダなしの1R・・・。

そこで思い切って実家がある九州で遠距離栽培?をする決意。

先月帰郷して両親に相談。父が野菜を育てている畑の一部を貸してもらう事になりました。

家の周りに庭と呼べるポイントが4カ所あるけど、母が自分が好きな植物を植えているため余剰はない。よって、「ガーデニング」というおしゃれなものはいずれ。

f:id:yakusounikki:20170212183939j:plain

ここは道路拡張工事時に、土の中に大きな石がたくさん入ってしまったため使っていない場所でした。まずは石拾いし、そのあと軽く天地返し。30センチの深さを掘ったけどまだまだ深く行ってみたいため、それは今週末にまた帰るので続きを予定します。

 

 

f:id:yakusounikki:20170212184221j:plain

年老いた父が白菜、大根、サニーレタス、高菜、あといろいろわんさか育ててます。

その隣に植えるためジャマにならない様に計算して植えねば。