読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬草日記

永沼敦子の薬草ブログです

苗、追加

先週、ハーブの苗を追加しました。

・スイートマジョラム
使ったことも聞いたこともなかったのですが、ハーブの事を調べていたらやたらと印象に残る名前だったので選んでみました。「マジョラム」とても謎めいた響きです。シソ科の多年草なので、オレガノのように少し地味な存在?かと思いきや、調べてみたら精油を採取するので香りがよいことがわかった。けど・・・・

リラックスさせるはたらきが高く、長時間使用しすぎると心身共に麻痺状態になることがあります。

と注意をしているサイトもあったり。気持ちいいから使いすぎは禁物。

 

・ネトル(イラクサ
含まれている「ヒスタミン」成分が花粉症などのアレルギーに効果的ということで、ネトルティーが人気らしい。抗ヒスタミンなら、この季節ドラッグストアでよく見る言葉。え?つまり毒で毒を抑えるのでしょうか。
私は花粉症ではないので、ネトルをガンガン試さないと思いますが気になるので植えてみました。しかしトゲに刺さると「うぎゃ!!」と言うほど痛い。トゲに要注意と案内があったけど、甘く見てました。ちょっと触れただけでも、ぷくっと蚊に刺された様にふくれましたよ。


・フローレンフェンネル
根っこから種まで使える、肉厚な肥大茎が特徴のあの変な形したフェンネル
原産地が南ヨーロッパから地中海ということなので、冬は過保護にしないとな。香草を料理にうまく使えるほど料理が得意ではない。フェンネルのお酒なら飲んだ事がある。ここで購入 スティーレミューレ

http://www.staehlemuehle.jp/

初めての味です。うまい。

種は生薬でも「ウイキョウ」としてよく使われています。種も香りが高いです。

 

・マシュマロー
お菓子のマシュマロはこの根っこから作っていたらしい!へえ。。マシュマロ、大好き。だからと言って根っこからマシュマロを作ろうとは思わないけど、これも名前の響きがよい。不思議な幸福感。ネットで調べていたら「ウスベニタチアオイ」と出てきた。タチアオイはよく見かけるけど、ウスベニ・・・なんて可憐な存在は知らなかったです。

 

・コモンセージ

・コモンタイム

 

・ミシマサイコ
生薬でよく使われる「柴胡」
私が飲んでいる漢方薬に柴胡がよく含まれているので、育てみたくなった。根を採取して生薬にしようとは思わないけど。。よく考えるとすごく手間がかかっている、生薬って。
晩夏、黄色い小さな花を付ける。本州から四国・九州の野山に自生しているという事だが、今では乱獲があったせいで絶滅危惧種に。実家に帰った時に見つけたとしても、撮影だけして採取はやめよう。

 

写真は無しです。作業に疲れすぎて、また今度撮ろうってなってしまっています。